社員教育をする前に!知っておくこととは?

社員は学びたがっていない


社員は基本的に学ぶことに消極的です。仕事に関係のないことを社員教育と言われて実施されても、真剣に取り組む人が多くなることはあまりないでしょう。そこで重要なのが、社員が自発的に学ぶ環境を作るということです。社員が自分から学びたいという項目であれば、どんどんスキルを吸収するでしょう。そのためには社員が学びたいことを社員教育に取り入れることが大切なのです。方法としてはアンケートなどを実施し、学びたいことを調査するといいでしょう。学びたい項目をいくつかピックアップして、学びたい人だけに学ぶようにするのです。これでは全員が学ぶことは少なくなりますが、学んだ社員から他の社員にスキルを伝達する時間を作ることで、広く会社内に広めることができます。

押し付けられた教育は求めていない


社員教育で大事になるのが、社員の教育に対する吸収度が高いかということです。会社側が押し付けた教育では吸収率は低くなるでしょう。その問題点を解決するために、失敗してもいいから責任を持たせて仕事をさせるといいのです。その仕事が上手くいけば、別の仕事をしてもらいます。その繰り返しをしていくうちに失敗するでしょう。そこで初めて社員教育を実施するのです。なぜ失敗したかを自分なりに考察して、分析させます。そうならないようにするためにはこういうことが必要だと本人に理解させるのです。必要なものを学ぶ機会を社員教育として実施すれば、成長につながるでしょう。これが失敗しないで聞いていたら、ほとんどの場合身につかないままになるのです。